Omiai

多くの本気の男女が登録する恋活アプリOmiai。

会員が快適にご利用になれるよう様々な配慮がされていますが、たまたま知り合いに会ってしまった・たまたま変な人と会ってしまったというハプニングが起こってしまうことも。

そんな時にすぐに使いたい「非表示機能」。

この機能を使えば、知られたくない相手や不愉快な相手をブロックし、気分よくその後も恋活・婚活ができます。

使いこなせば上級者!Omiaiの便利機能「非表示機能」の特徴と方法をご説明しましょう。

Omiaiの「非表示機能」とは?

Omiaiで知り合いや友達に会ってしまった、あるいはマッチングした相手がちょっとおかしな人だった…などのハプニングがOmiaiでも起こることがあります。

Facebookに友達登録していない人や友達の友達、顔を見たことがある知り合いなど、数多くの人が恋活・婚活をしているのでそんなことも起こりうることでしょう。また、「よさそうな人だ

な」と思ってマッチングしたけれど連絡頻度が多くて困る・後になってストーカー化するなどマッチング後に「こんなはずじゃなかった」ということもあります。さらに、足あとを頻繁につけ

てくる鬱陶しい相手などの要注意人物に付きまとわれるなど厄介ですね。

そんな時に使いたいのが「非表示機能」です。

「非表示」で嫌な相手をブロック

Omiai

「非表示」は簡単にいうと、Omiai上で相手から自分の存在を消し、相手の存在を自分の画面から消すものです。

相手を「非表示」にすると、

  • お互い検索に出なくなる
  • お互い足あとがつかなくなる(設定をした段階で相手の足あとリストから過去の履歴も削除される)

そのため、一度「非表示」にすると相手からは「いいね!」やメッセージは届かなくなるので、その後は煩わされることなく気持ちよく恋活・婚活を続けることができます。

その方法も「お相手のプロフィール右上」をタップ→「非表示にする」を選択すればよいだけととっても簡単!

ただ、条件によってはこちらにたどりつかれてしまうこともあるので要注意です。それは、

  • 相手に「お気に入り登録」されている
  • 相手から「いいね!」をすでにされている
  • マッチング済

この場合は、相手側のリストに自分の情報が残っていて引き続きこちら情報は見えてしまうため、「非表示」にしたとしても残念ながら完全にその相手を切り離すことはできません。

悪質な相手には?

また、相手が、

  • ストーカー行為
  • マナーが悪い
  • 業者やネットワークビジネスによる勧誘
  • いやがらせ

などのOmiai規約に違反していると思われる場合は、「非表示」にする前に「通報システム」を使って運営側に報告しておくと良いでしょう。

その方法は「相手のプロフィール」右上をタップ→「違反報告する」→「違反内容」で報告するだけなので簡単です。

たいていこういった悪質な人物は他の会員にも同じようなことをしているので既にペナルティをもらっていることでしょう。ペナルティが複数となるとイエローカードがその会員に付与され、

プロフィール画像に表示されて他の会員にも当該会員が要注意人物であることがわかるようになります。それでも違反行為を続ける場合は退会処分となります。

自分ひとりの「違反報告」では即イエローカード・退会とはならないので即効性のある解決策ではありませんが、ペナルティが付与されるだけでもかなり相手にも心理的な負担がかかります

し、運営側のチェックも厳しくなるので、悪質な会員に対しては他の良心的な会員のためにも通報しておきましょう。

まとめ

女性がスマホ

恋活アプリOmiaiは出会いが多く、しかも真剣に恋活・婚活をしている方と出会えると人気のアプリです。

そこには運命の相手との出会いや仲良くなれそうな人との出会いなど嬉しい出会いもあれば、恋活・婚活していることを知られたくない人やもう二度と関わりたくない人など望ましくない出会

いも残念ながらあります。

しかし、どんなものにも多少のリスクはつきものです。嫌な出会いがあっても「非表示機能」を使えば大丈夫。

簡単にそれ以上関わらないように相手をブロックできるので、そういったネガティブな状況からもすぐに脱出できるのでご安心ください。

知られたくない相手・嫌な相手は「非表示機能」でサクっとないものとし、どんどん積極的に素敵なお相手を探しましょう。