omiai

気軽に始められる恋活・婚活として人気を集めているのが、アプリを使ったサービスです。

様々な恋活サービスが展開されていますが、本気の男女が集まることで有名なアプリといえばやはりFacebook系恋活アプリのOmiaiでしょう。

Omiaiは、他のアプリに比べて真剣に恋活・婚活を行う会員が数多く登録するだけでなく、会員のレベルが高いことでも人気。

しかも、そのままOmiaiでマッチングした相手と結婚したという報告も多数上がっていることから、実績も十分です。

既にOmiai攻略の様々なノウハウやハウツーが紹介されていますが、中でも実際にパートナーと出会って結婚した会員の経験談は非常に重要な教訓が満載!

そこで今回は、Omiaiで運命の出会いを果たし結婚した女性の経験談3つをご紹介します。

「半年経っても成果がなければやめよう」と決めていたA子さん

検索

2年付き合って結婚を考えていた彼氏と別れてしまったA子さん。

Facebook登録で安心・使い方が簡単・画像やプロフィールをしっかり書き込んでいる会員が多いことの3つが決め手となってOmiaiを登録したそうです。

Omiai登録する前に唯一決めていたのは、「半年経っても成果がなければやめよう」ということ。他の恋活は一切行わず、短期集中でOmiaiに絞って恋活を始めました。

多くの男性に見てもらえるよう画像やプロフィールをしっかり書き込み、自分からも積極的に足あとをつけたり「いいね!」をしているうちに、もらえる「いいね!」も増えるように。

そしてマッチングしてやりとりの内容で良かった10人ほどの男性会員と、実際に会ってデートをしたそうです。

中には出会ってすぐに下ネタなどを連発する男性や、フィーリングが合わないと断った途端にストーカー気味になった男性もいたそうですが、そういった要注意人物はすぐに違反報告をし除外。

途中、メゲそうになったそうですが「とにかく半年だけ頑張る」と考え、自分に合いそうな男性と並行して会っているうちについに、「この人!」と思える男性に巡り合うことができました。

今では一人目を妊娠中。つまり、その男性と結婚し幸せな家庭を築いています。

A子さんの感想:Omiaiは会員の身元がはっきりしているとはいっても個々の会員の性格まではわからないので、積極的にマッチングしてメッセージのやりとりや会って話すようにしていました。

中には「あれ?」という人もいましたが、それでビビッていてはダメ。

自分で期限を区切ることで、その間だけは全力投球するようにするのが必勝法だと思います。

恋愛に奥手・超慎重派のB子さん

仕事に夢中になっているうちに気付けば周りは既婚者ばかり。

自分も結婚適齢期と言われる時期の後半に差し掛かっていたので、慌ててまじめな会員が多いというOmiaiに登録したのがB子さんです。

最初は、プロフィール画像などを適当にしていたせいでもらえる「いいね!」も少なく、「合わないのかな」と思って退会を考えたのだとか。

しかし、せっかくだからと人気会員のマネをしてプロフィールを充実させた途端、「いいね!」が増えたそうです。

基本的に慎重派のB子さんは、自分が「いいね!」を押すよりも、もらった「いいね!」の中から顔や年齢、職業や趣味などの条件で絞り、自分に合いそうな男性会員だけに「ありがとう!」を返し、メッセージのやりとりをしっかり行った上でLINEを交換。

そして、会う日取りを決めて数人と会ったそうです。

会う前に相手を厳選していたので、デートをした方は全員真面目。

真剣に結婚を考える男性ばかりで迷ったようですが、その中から一番一緒にいて楽しく過ごせそうと思う方を選び、婚約したそうです。

B子さんの感想:ガンガン攻めるのが苦手な奥手なタイプの自分でもOmiaiなら本気で婚活している方と出会えました。

しかし、その分、まずは男性に見てもらえる・選んでもらえるようにプロフィールなどで自分のアピールをしっかりできる万全の準備をしておくのが大事だと思います。

ヒトメボレしたC子さん

C子さんは長年恋人がいなくて寂しいからと、最初は恋人を作るつもりでOmiaiに登録したのですが、そこでたまたま画像をみた一人の男性にヒトメボレ。

自己紹介やスペックを見ても好印象だったので早速「いいね!」を押すと、彼からも「ありがとう!」が来てマッチングが成立し、そのあとは不思議なくらい気も合ってとんとん拍子に進んで結婚に至りました。

最初は「恋人がほしい」という気持ちだったのに、気が付けば結婚まで決めてしまったことに自分で驚く反面、登録したタイミングといい、彼を目にしたタイミングといい、本当に彼とご縁があり、出会うべくして出会ったんだなと納得しているそうです。

また、C子さんが結婚するとは思っていなかった周囲も突然の結婚報告にびっくりされたようですが、本人は一切迷いも不安もなかったのだとか。

もちろん、今もあの時の自分の決断に後悔はしていないそうです。

C子さんの感想:引き寄せられるようにOmiaiに登録し、そこで出会った相手と結婚。

これも自分の運命だったんだなと思います。

私のようなケースもあるので、登録を迷っている方は、とにかくOmiaiデビューしてみるといいですよ。

迷っている時間がもったいないと思います。

まとめ

計画的にOmiaiを活用したA子さん、石橋をたたいて渡るタイプのB子さん、まさに瓢箪から駒のC子さん…いろいろなタイプの女性がOmiaiで出会い、結婚に至っています。

彼女たちの経験談を見ても、学ぶことがいろいろあり、今から婚活を!と考えている方にとっても参考になることでしょう。

Omiaiで作られるドラマは、人それぞれ。

どんな未来につながるかは誰にもわかりませんが、とにかくスタートラインに立たなくては何も始まりません。

普段の生活で出会いがない、今の生活を変えたい…そう思った時がOmiaiの始め時ですよ。